1. TOP
  2. 離婚
  3. 離婚した人と再婚!同じ人と幸せになるためのルールとは?

離婚した人と再婚!同じ人と幸せになるためのルールとは?

 2017/12/06 離婚
この記事は約 5 分で読めます。 2,432 Views

近頃では本当に
離婚やバツイチも珍しくない程ですが、
一方で時折、一度は離婚した相手と
再婚する方も見かけます。

男女の仲は、本当に不思議なものですね。

しかし実際問題、
一度はダメになった相手と再婚して、
上手くいくものなのでしょうか

離婚のプロでもある私も、
意外なほど頻繁に、このことを聞かれます。

そこで今回は、同じ人と再婚して
幸せになるための大事な点をお伝えします。

あなたの再婚に、お役立てくださいませ。

Sponsored Links



離婚した人と再婚!同じ人と幸せになるための3つのルールとは?

そもそも夫婦関係も人間関係の一つですが、
通常の人間関係と同様、
一度は仲違いした相手と仲良くするのは
簡単ではありません。

何らかの理由で再婚に至ったとしても、
すぐまたダメになることだってあります。

むしろ、その可能性の方が高いかもしれません。

それだけに、
一度はダメになった相手と再婚するからには、
初婚の時とは違って、
一定の意識付けが双方に必要です。

しっかり意識してくださいね。

ただ一方で、一度は夫婦になった訳なので
友人関係などと比べれば好意が伴うからこそ
復縁しやすいとも言えます。

あとは二人の相性次第とも言えるので
努力はしつつ、あとは運を天に任せて
動いてみましょう。

次の章から、
その具体的な意識ポイントをお伝えします。

1.相手を大事に思う気持ちを態度や言葉でいつも伝える

まずは『相手を大事に思う気持ちを
態度や言葉でいつも伝える』です。

すでにご経験された通り、
『言わなくても分かるだろ?』は通じません

『ありがとう』『愛してる』『好きだよ』
など、愛情や感謝の思いはクチにしてこそ、
相手に通じます。

そして、その言葉を元に
態度でも同様の行動を取ってこそ、
人間関係は良好になるのが基本です。

人間関係の基本を、
今一度しっかり理解しましょう。

ちなみに人間は、習慣化しやすいので
不慣れなうちは意識が必要なものの
慣れれば毎回スンナリ言えるものです。

そうなるまで染み込ませられるよう
最初は意識して習慣化しましょう。

Sponsored Links

2.1度離婚に至った原因を繰り返さない

次に『1度離婚に至った原因を
繰り返さない』です。

そもそも、前回の離婚原因は何でしたか?

そして、仮に相手に原因があったとしても、
あなたの落ち度は何でしたか?

離婚に至るほとんどのケースは、
たとえ浮気やDV等が原因であったとしても、
あなたにも何か落ち度があることが多いです。

その自身の悪かった部分を考えて、
そして意識して改善する姿勢が
重要になります。

もし直らなかったら、
また離婚になると考えましょう。

ちなみに、中には離婚原因が分からず
あるいは勘違いしていたりして
結局また離婚になる方もいたりします。

友人やプロに相談するなどして
最初は原因を徹底的に洗い出す事が
大切かもしれませんよ。

3.一緒に過ごす時間を大事にする

そして『一緒に過ごす時間を大事にする』です。

人間は会えば会うほど、
一緒に過ごせば過ごすほど
その人と仲良くなります。

逆に夫婦であっても、
ほとんど顔を合わさないようでは
仮面夫婦となり、またの離婚に
繋がってしまうかもしれません。

ゴハンや寝室は元より、お風呂や買い物、
テレビやパソコンを見ることでさえ、
なるべく一緒にして、存分に
夫婦の仲を深める努力をし続けましょう。

それにしても、確か離婚すると
『再婚禁止期間』ってありましたよね。

次の章では、この点についてお伝えします。

 

離婚した人と再婚!同じ人だと禁止期間は関係ない?

一度離婚した同じ人と再婚する場合は、
再婚禁止期間は関係ありません

そもそも再婚禁止期間というのは、
『産まれた子供の父親を区別するため』に
設けられた期間です。

同じ人との再婚なら、
再婚後すぐに出産しても父親は一応、
その男性のハズですからね。

離婚の悲しみから別の男性に身を任せ、
でもやっぱり元夫と再婚した……
などという場合は、
トラブルを覚悟する必要がありますので、
ご注意くださいませ。

Sponsored Links

離婚した同じ人と再婚したら戸籍はどうなる?

離婚した同じ人と再婚したとしても、
戸籍上は『一度は離婚した証(除籍または×)』
が残るのが基本です。

ただ、昭和の頃に離婚して、平成になってから
同じ人と再婚した場合は、過去の離婚が
分からなくなっていることもあります。

ちなみに子供については、
離婚しても実子であることには変わりないので、
再婚による養子縁組などの手続きは不要です。

まとめ

今回の記事では、
離婚した人と再婚するにあたって

  • 言葉や態度に気をつける
  • 過去の離婚原因を直す
  • なるべく一緒に過ごす

ことが重要と伝えました。

またその他、

  • 同じ人との再婚なら禁止期間はない
  • 戸籍には離婚の証は残る

とお伝えしました。

離婚する夫婦が増えている時代だからこそ
勇み足での離婚や年を重ねて成長した結果
同じ人との再婚を考える方が
今後、増えるのかもしれません。

もしあなたがそんな状況になったら
そして再婚を考え、受け入れるのなら
同じ失敗は繰り返さないようにして
今度こそ、幸せになりましょう。

なお、普通に違う人との再婚を望む方は
以下の記事も参考にどうぞ。

⇒離婚後の再婚で幸せを掴む5つの法則

Sponsored Links


【関連する人気記事】

\ SNSでシェアしよう! /

いくmemoの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

いくmemoの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

山本昌義

山本昌義、山本FPオフィス代表。現在は日本初にして唯一の「婚活FP」として、婚活パーティを開催しつつ、その中で発生する恋愛面や経済面の相談にのり、さらに結婚後も離婚問題を含めた様々な夫婦のご相談にのっています。詳しくは「婚活FP」でご検索を!

この人が書いた記事  記事一覧

  • 婚外恋愛のきっかけは?どんな出会いから発展する?

  • 離婚したら持ち家はどうなる?名義変更の手続きは難しい?

  • 婚外恋愛とは?定義はあるの?不倫とは何が違う?

  • 婚外恋愛は幸せ?夫婦の暗黙のルールや実態とは

関連記事

  • 離婚を弁護士に無料相談できる範囲はどこまで?

  • 離婚の流れ!手続きは「離婚届」以外に何が必要?

  • 離婚協議書の書き方!自分で書く時に気をつけたい5つのポイントとは?

  • 離婚に必要な条件とは?相手にはどう提示すれば有利になる?

  • 離婚の決意が揺らぐのはどんな時?ブレないためにする事とは?

  • 離婚の相談が無料でできる場所は?市役所は対応してるの?