1. TOP
  2. 離婚
  3. 離婚したら住宅ローンはどうなる?返済や財産分与は?

離婚したら住宅ローンはどうなる?返済や財産分与は?

 2017/12/01 離婚
この記事は約 5 分で読めます。 1,375 Views

離婚の時に悩ましい問題の一つに、
住宅ローンが残る不動産の扱いが挙げられます。

特に近頃では共働きの影響で、
不動産や住宅ローンが共有名義だったり、
共有名義でなくても夫婦の一方が
連帯保証人だったりすることはよくあります。

これで離婚したら、
住宅ローンや不動産はどうなるのでしょうか?

離婚のプロでもある私も、
この点はいつも慎重に相談にのっています。

そこで今回は、離婚時の住宅ローンや
不動産について詳しくお伝えします。

あなたの離婚に、お役立てくださいませ。

Sponsored Links



離婚したら支払い中の住宅ローンはどうなるの?

まず最優先で大事なことなのですが、
離婚後の住宅ローンや不動産は
『夫婦がどうしたいのか』を決めます。

離婚したからといって、機械的に
どうにかなるわけではない点には
注意しましょう。

その上で、不動産の名義と住宅ローンの名義は
それぞれどうなっているのか、
どちら(か)が住むのか、
住宅ローンの支払いはどうするのか等を
決めていきます。

離婚後の住宅ローンは誰が返済するべきなの?

離婚後の住宅ローンは、基本的に
『住宅ローンの名義人』が返済します。

このため、一般的には夫側が支払いますが、
連帯名義だったり、
連帯保証人だったりする場合には、
妻側に支払い義務が出てくる可能性があります。

一人では支払えない場合や、
出ていく側が住宅ローンを支払う場合には、
十分に話し合いを重ねて、その結果を
離婚協議書に残しておくことが重要です。

Sponsored Links

離婚で住宅ローンが残っている場合の財産分与はどうなる?

離婚時に住宅ローンが残っている場合の
財産分与は、住宅ローンも含めて
財産分与を考えることが一般的です。

つまり、一方が住宅ローンを
引き受ける代わりに不動産も得たり、
離婚を機に不動産を売却して、
住宅ローンとの差額を折半したりですね。

ちなみに多くの場合、
売却しても住宅ローンが残ることが多いため、
残った住宅ローンを
二人で負担しあう形になります。

売却するなら、ですけどね。

離婚後の住宅ローン!住み続ける場合はどうなる?

離婚後も引き続き不動産に住み続けるなら、
普通に住宅ローンの支払いも
続ける必要があります。

もっとも、
不動産の名義と住宅ローンの名義は別物なので、
住み続けるかどうかより、住宅ローンの名義人が
どうしたいかによるでしょうか。

またこの点があるため、
仮に出ていく側が住宅ローンを支払う場合には、
しっかり離婚協議書を作成の上で
公正証書にしておくことが重要です。

Sponsored Links

離婚後住宅ローンは借り換えした方がいいの?

離婚した後は、可能であるなら
住宅ローンを借り換えするのも手です。

不動産の名義人と住宅ローンの名義人を
確実に一致させることができるため、
出ていく側としては
余計な心配がなくなりますからね。

ただし、現実的には
住宅ローンの借換えが通らないこともあるため、
『借換えできるなら』というところでしょうか。

ちなみに審査では、例えば住む側の親族に
連帯保証人になってもらう等をすると、
通りやすくなります。

離婚後の住宅ローン!共同名義の場合の手続き方法とは?

住宅ローンが共有名義などの状態で
離婚する場合は、一方は住まないにも関わらず
住宅ローンを支払う形になってしまうため、
何らかの対策が必要になります。

先ほどの借換えなどで住宅ローンを
単一名義にできれば一番いいのですが…。

このため単一名義にできない場合は、
不動産を売却するという手続きを取る方が
多いでしょうか。

それにしても、住宅ローンが残っている状態で
不動産を売却なんてできるのでしょうか?

次の章では、この点についてお伝えします。

離婚で住宅ローンが残っていても売却できる?

離婚時に住宅ローンが残っている不動産でも、
結論からいえば売却は一応できます

ただし、
売却価格と住宅ローンの残額差が問題になり、
不動産を売却しても住宅ローンが残る場合は、
その差額に対する対策が必要になります。

自己資金で穴埋めできるならいいのですが、
そういった対策が取れない場合は、
不動産は売却できません。

あくまで離婚問題と住宅ローンの問題は
別ですので、大人として
しっかり対応していきましょう。

Sponsored Links

まとめ

今回の記事では
住宅ローンが残る状態での離婚について

  • どうなるかではなく、どうするのか
  • 離婚後も住宅ローンの名義人が支払う
  • 住宅ローンも踏まえて財産分与を考える
  • 借換えできるなら、するのも手
  • 離婚と住宅ローン名義は別物
  • 住宅ローンが残っていても一応売却可

とお伝えしました。

ハッキリいって、
住宅ローンが共有名義なのに離婚する場合は
かなりのトラブルになるのが一般的です。

そして、離婚は銀行には関係ないことなので
離婚しただけでは債務から逃げられません

離婚前に十分に夫婦間で話し合い
必要に応じて専門家にも相談しつつ
時には親にも協力してもらいながら
最善の対策を考えていきましょう。

なお、その他離婚の無料相談がしたい方は
以下の記事も参考にどうぞ。

⇒離婚相談!無料で電話できるところはあるの?

Sponsored Links


【関連する人気記事】

\ SNSでシェアしよう! /

いくmemoの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

いくmemoの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

山本昌義

山本昌義、山本FPオフィス代表。現在は日本初にして唯一の「婚活FP」として、婚活パーティを開催しつつ、その中で発生する恋愛面や経済面の相談にのり、さらに結婚後も離婚問題を含めた様々な夫婦のご相談にのっています。詳しくは「婚活FP」でご検索を!

この人が書いた記事  記事一覧

  • 婚外恋愛のきっかけは?どんな出会いから発展する?

  • 離婚したら持ち家はどうなる?名義変更の手続きは難しい?

  • 婚外恋愛とは?定義はあるの?不倫とは何が違う?

  • 婚外恋愛は幸せ?夫婦の暗黙のルールや実態とは

関連記事

  • 離婚の慰謝料の相場はいくら?ケース別に請求できる金額を紹介

  • 離婚で借金は折半になるって本当?支払い義務の範囲とは?

  • 離婚相談!無料で電話できるところはあるの?

  • 離婚した人と再婚!同じ人と幸せになるためのルールとは?

  • 熟年離婚から再婚は難しい?成功した人の特徴&アドバイスとは?

  • 離婚の手相の見方!左手のどの線を見ればわかる?