1. TOP
  2. 離婚で親権を父親が手に入れる3つの方法とは?

離婚で親権を父親が手に入れる3つの方法とは?

離婚
この記事は約 4 分で読めます。 21 Views

日本の離婚における親権は、
基本的に『母親優先』が原則です。

実際に統計では、離婚した夫婦の約9割で、
母親が親権を勝ち取っています。

それでは父親が親権を取るためには、
一体どうすればいいのでしょうか?

そこで今回は、離婚時に父親が親権を
手に入れるための方法についてお伝えします。

あなたの離婚にお役立てくださいませ。

Sponsored Links



離婚で親権を父親が手に入れるための3つの方法とは?

冒頭、統計では離婚した夫婦の約9割は
母親が親権を勝ち取っているとお伝えしました。

しかし、残り1割は父親が親権を
勝ち取っているのです。

つまり、絶対的に父親が親権を
取れない訳ではありません。

事前にポイントを抑えて、ぜひあなたが
親権を勝ち取れるように準備しておきましょう。

次の章からは、
その具体的な方法についてお伝えします。

その1.子供との生活力や生活環境

まずは『子供との生活力や生活環境』が
大事になります。

例えば子供が小さいほどに、
一日中の育児が必須になります。

それだけに、仮にあなたの仕事が
忙しすぎたりすると、その分不利です。

このため、例えば離婚後は両親と同居したり、
転職や異動を検討するなどして、子供が
健全に育つ生活環境を用意する必要があります。

Sponsored Links

その2.子供の意思

次に『子供の意思』が大事になります。

特に子供がおおむね10歳を超えていると、
強めに本人の意思が重要視されるのです。

またそれ未満の年齢であっても、
少なくとも子供から嫌われていると、
その分だけ親権争いは不利に働きます。

日頃から子供に慕われるよう、
自分の子供を愛する言動が大事です。

その3.母親がすぐに再婚するか否か

さらに『母親がすぐに再婚するか否か』
という点も大事です。

基本的に母親が再婚したからといって、
それだけでは親権は変わりません。

ただ一般的に『子供がいる女性との結婚は
嫌がる男性が多い』ため、母親がすぐに
再婚を考えている男性がいるなら、
この再婚は親権争いに有利に働くでしょう。

特に奥さんが不倫したのが離婚理由の場合は、
奥さんは不倫相手との再婚を望んでいることも
あるため、喜んで親権譲渡に
応じてくれるかもしれません。

それにしても、なぜこんなに
父親が親権を取るのは難しいのでしょうね。

次の章では、この点についてお伝えします。

Sponsored Links

離婚で親権を父親がとるのが難しい理由とは?

離婚で親権を父親がとるのが難しい理由は、
『裁判所がそう決めているから』です。

子供の親権について話がまとまらなければ、
調停離婚を経て最終的に裁判所が
裁判離婚として親権者を決めます。

その裁判所がそう決めているため、
難しいのです。

だからこそ、父親が親権を取りたいなら、
協議離婚で話をまとめてしまう必要があります。

なお、仮に裁判離婚であっても、
母親優先はあくまで原則論であり、例外的に
父親が親権を勝ち取った事例もあります。

次の章では、この点についてお伝えします。

離婚で親権を父親がとった判例をご紹介!

いつも必ずそうなる訳ではありませんが、
おおむね以下のような場合に
父親が親権を勝ち取っています。

  • すでに定年を迎えた両親と同居していた
  • 年収が高いうえに帰りも早かった
  • 父親の方が育児に積極的で、
    それを養育記録として裁判所に提出した
  • 母親が子供を連れ去り、
    父親に会わせないようにした
  • 母親に借金がある

一番手っ取り早いのは『両親と同居して
養育記録を積み重ねる』ことでしょうか。

親権を勝ち取れるよう、がんばってくださいね。

Sponsored Links

まとめ

離婚で父親が親権を手に入れたいなら、常に
子供に愛情を持って接し、離婚後も健やかに
育てられる生活環境を用意する
ことです。

また裁判では母親優先が原則になるため、
協議離婚で話をまとめてしまうことが重要です。

なお、離婚届の書き方が気になる方は
以下の記事をご参考にどうぞ。

離婚届の書き方!証人は絶対に必要なの?

Sponsored Links



妊娠中の健康に不安があるママは必見!
妊娠中は、つわり・便秘・腰痛・頭痛など
健康に不安がありますよね。

そんな時に気をつけたいのは、
日頃の食事での『栄養の摂取』です

しかし、
・妊娠中は口に入れるものが恐い
・市販薬はリスクがあるから医師に止められてる
・元気な赤ちゃんが生まれてくるか心配

などの悩みはありませんか?

そんなあなたには
BELTAの葉酸サプリがオススメです。

なぜサプリをオススメするかと言うと、
食事による天然葉酸が体内に吸収されるのは
約50%と言われています。

つまり、
食事だけでは十分な葉酸を取ることが難しいので、
サプリでの摂取を厚生労働省も推奨しているんです。

数ある葉酸サプリの中でも
特に人気のBELTA葉酸サプリは、

・葉酸以外の栄養(鉄分・カルシウム)が圧倒的
・つわりの時でも飲みやすい
・安心の無添加・製造チェック
・モンドセレクション金賞・楽天1位の実績
・妊娠・出産の悩みを相談の専任スタッフサポート

など、他のサプリと比べても
BELTAの葉酸サプリは『栄養面・サポート面』で
優れているので先輩ママから愛用されているんです♪

⇒【公式】BELTA『葉酸サプリ』の口コミを確認する♪



\ SNSでシェアしよう! /

いくmemoの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

いくmemoの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

Sponsored Links

ライター紹介 ライター一覧

山本昌義

この人が書いた記事  記事一覧

  • 離婚したくない!話し合いをしておくべき5つの項目とは?

  • 離婚するには別居する必要はあるの?気をつけたい5つのポイント

  • 離婚の養育費を払いたくない!父親の最低限の義務とは?

  • 離婚したくない妻を説得する5つの方法

関連記事

  • 離婚したくない妻を説得する5つの方法

  • 離婚したくない!話し合いをしておくべき5つの項目とは?

  • 離婚届の書き方!証人は絶対に必要なの?

  • 離婚の手続き一覧!子供がいる場合はどうする?

  • 離婚の養育費を払いたくない!父親の最低限の義務とは?

  • 離婚協議書の書き方!自分で書く時に気をつけたい5つのポイントとは?