1. TOP
  2. 離婚
  3. 離婚でストレス!体調を崩さないための3つの心得とは?

離婚でストレス!体調を崩さないための3つの心得とは?

離婚
この記事は約 5 分で読めます。 1,608 Views

近頃では離婚する夫婦が多いせいか、
離婚を簡単に考える方もいるのですが、
実際の離婚は、そのストレスで
体調を崩す方も多いのが実情です。

特に離婚は、実際に離婚するまで
時間がかかることも多く、
またその後の生活もしばらくは
不安定になりがちなので、
尚更といえます。

離婚のストレスによる体調不良…
一体どう対処すればいいんでしょうね。

離婚のプロでもある私も、
離婚のストレスで体調がキツい時には、
よくグチられます。

そこで今回は、離婚のストレスが原因で
なりやすい体調不良と、
その予防法をお伝えします。

あなたの離婚に、お役立て下さいませ。

Sponsored Links



離婚でストレスを受けると体調に出やすい症状とは?

離婚でストレスを受けると
出やすい症状というのは、
必ずしも一概には言えません。

中にはストレスを感じない人もいますし、
あるいは離婚後しばらくして
ストレスを感じる人もいますので、
やはり個人差があるといえます。

しかしそれでも、離婚で
ストレスを感じると出やすい症状も
ありますので、
それを次の章からお伝えします。

1.不眠

まずは「不眠」です。

これはストレスの代表格ですが、
離婚のストレスでもやはり
症状に出がちと言えます。

イライラして眠りにくかったり、
あるいは将来への不安から眠れなくなったり…。

そして眠れないというのは、
本当にツラいことです。

こういう時には、お酒の力を借りたり、
またはストレッチでもしたり、
あるいは瞑想をしたり、
何らかの方法で対処しましょう。

2.吐き気や頭痛

次は「吐き気や頭痛」です。

これもストレスの代表格と言えますが、
不眠以上に深刻な症状といえます。

ストレスが、こういった物理的な「痛み」
にまで発展してしまったなら、
なるべく早急に病院へ行った方がいいです。

そしてお医者様に診てもらって、
適切な治療や薬をもらって、
早期の体調回復に努めていきましょう。

Sponsored Links

3.無気力

そして「無気力」です。

離婚の話し合いが大変すぎて、あるいは
離婚後の生活が色々と大変すぎて、
もう何もしたくない…そんな症状になります。

この症状は、もう少しヒドくなると、
うつ病を発症しかねませんから、
とても危険です。

多少でも気力が残っている間に
話し合いや生活基盤を整え、
時には気分転換もして、
離婚のストレスを乗り越えていきましょう。

4.食欲不振

最後は「食欲不振」です。

人間誰でもストレスを感じると、
食欲がなくなったり、
逆に過食になったりしますが、
そのどちらであっても問題といえます。

適切な食欲は生命力の源ですし、
生命の危機ともいえるでしょう。

これが大げさに聞こえているうちに、
多少ムリをしてでも食事を取り、
体調管理に努めることが重要になります。

離婚のストレスで体調を崩さないための3つの心得とは?

離婚のストレスで体調を崩したくない場合は、
最優先すべきは「支援者を持つ」ことです。

支援者は親でも兄弟姉妹でも、友人でも、
そして一定のプロでもかまいません。

グチを聞いて貰えるだけでも全然違いますし、
直接的な支援も得られるなら最高です。

そんな支援者を探しておくことを前提に、
他に大事なことを次の章からお伝えします。

1.感情を全てオープンにする

まずは「感情を全てオープンにする」です。

結局のところストレスというのは、
一定の負の感情を溜め込みすぎるから
起こる症状といえます。

それだけに、
心と感情を全てオープンにして、
外に出やすい状態を作ることが重要です。

これは性格にもよりますし、
離婚するからといって
簡単に変えられるものでもありませんが、
それでも心掛けて、
少しずつでも自分を改良しましょう。

2.相手への責任よりも自己責任も受け入れる気持ちをもつ

次に「相手への責任よりも
自己責任も受け入れる気持ちをもつ」です。

人間というのは、
相手に責任を押し付けた方が
簡単かつラクですから、ついそうします。

しかしこの考えでは、
ずっと相手への怒りが収まりませんし、
自分の落ち度も直りません。

このため、永遠にストレスを感じ続けることも
往々にしてあります。

負の連鎖を断ち切るためにも、少しずつでも
自分の落ち度を認めていきましょう。

3.明るい将来のことをイメージする

最後は「明るい将来のことを
イメージする」です。

これはもう少しいえば、
明るい将来をイメージして、
そのための行動を起こすことで、
ようやくストレスから
解放されることになります。

具体的には、例えば再婚活だったり、
再就職活動だったりでしょうか。

妄想するだけでも効果はありますが、
それに現実が伴えば尚更効果的といえます。

実際には現実が厳しいからこそ
という事も多いのですが…
改めて過去を断ち切っていきましょう。

なお、他にもアイデアが欲しい方は
以下の記事も参考にどうぞ。

⇒離婚の「辛い・助けて」の気持ちを乗り切るアイデア5選

まとめ

今回の記事では、
離婚のストレス症状として

  • 不眠
  • 吐き気や頭痛
  • 無気力
  • 食欲不振

とお伝えしました。

さらに対処法として

  • 感情をオープンに
  • 自分の落ち度を受け入れる
  • 明るい未来をイメージする

とお伝えしました。

結局のところ、離婚は誰にも頼れない
孤独な闘いが基本になります。

だからこそ、健康は何より大事ですから
しっかり自分を労わってあげましょう。

なお、男性の方には
合わせて以下の記事もお勧めです。

⇒離婚してうつになりやすいのは男性?克服するための方法は?

精神面は男性の方がもろいかもしれません。

どうぞご注意下さいませ。

Sponsored Links


【関連する人気記事】

\ SNSでシェアしよう! /

いくmemoの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

いくmemoの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

山本昌義

山本昌義、山本FPオフィス代表。現在は日本初にして唯一の「婚活FP」として、婚活パーティを開催しつつ、その中で発生する恋愛面や経済面の相談にのり、さらに結婚後も離婚問題を含めた様々な夫婦のご相談にのっています。詳しくは「婚活FP」でご検索を!

この人が書いた記事  記事一覧

  • 婚外恋愛のきっかけは?どんな出会いから発展する?

  • 離婚したら持ち家はどうなる?名義変更の手続きは難しい?

  • 婚外恋愛とは?定義はあるの?不倫とは何が違う?

  • 婚外恋愛は幸せ?夫婦の暗黙のルールや実態とは

関連記事

  • 離婚の原因が「妻」の場合の離婚の方法とは?

  • 離婚の誓約書の書き方!書く時に気を付ける5つポイントとは?

  • 離婚相談!無料で電話できるところはあるの?

  • 離婚が子供に与える影響とは?子供の気持ち寄り添う3つのポイント

  • 離婚の決意が揺らぐのはどんな時?ブレないためにする事とは?

  • 離婚で親権いらない!という母親は無責任?