1. TOP
  2. 離婚
  3. 離婚で借金は折半になるって本当?支払い義務の範囲とは?

離婚で借金は折半になるって本当?支払い義務の範囲とは?

離婚
この記事は約 5 分で読めます。 968 Views

離婚する時には財産を折半するのが
基本ですが、この場合の財産とは
貯金などのプラス財産ばかりではなく、
例えば住宅ローンなどの借金的な
マイナス財産もあるものです。

この辺りは相続でも同様に
モメるものですが、
ひとまずプラス財産はともかく、
借金まで離婚で折半されるのは
誰だってイヤなものですよね。

実際に離婚のプロでもある私も、稀に
離婚に伴う借金折半について
相談されます。そこで今回は、

そんな離婚時の借金折半について、
支払い義務の範囲
上手な解決方法についてお伝えします。

あなたの離婚に、お役立て下さいませ。

Sponsored Links



離婚したら借金は折半になるって本当なの?

まずは結論になりますが、
離婚すると相続と同じく、
貯金などのプラス財産と共に、
借金も折半するのが基本です。

だからこそ、例えば
夫婦の貯金が3000万円あって、
借金が2000万円あるとしたら、
借金を清算した上で、差額の
1000万円を折半することになります。

ただし、プラス財産だけの場合もですが、
結局は夫婦の話し合い次第でもありますので、
上手に相手に借金を押し付ける事も
可能といえば可能です。

離婚した場合の借金の支払い義務の範囲はどこまで?

離婚した時の借金は、その全てが
折半の対象になるわけではありません。

あくまでも
「夫婦の共同生活の中で生じたもの」
のみが対象になります。

このため、
夫婦一方の浪費が原因のような借金は、
あくまで浪費した側のみの借金です。

借金した側としては、
それを清算してもらった上で
離婚したいところですが、
そうしてもらえるかどうかは相手次第ですので、
注意しましょう。

その上で、次の章から
具体例についてお伝えします。

1.住宅ローンの借金はどうなる?

住宅ローンについては、
基本的に折半の対象になります。

ただし、近頃では住宅ローン額が
不動産の売却価格を上回る
「オーバーローン」状態のことも多く、
この場合には折半の対象外に
なることもあるのが現実です。

とはいえ、折半の対象外になっても
借金がチャラになる訳ではありませんので、
以後の支払いをどうするかは、
夫婦でしっかり話し合いましょう。

⇒離婚したら住宅ローンはどうなる?返済や財産分与は?

こちらの記事に、住宅ローンについて
詳しく書いているので
参考にしてくださいね。

2.パチンコやギャンブルの借金はどうなる?

パチンコやギャンブルの借金については、
その借金を作った側が
個人的に引き受けるのが基本です。

つまり折半の対象外になります。

なお、女性なら
浪費や美容に関するローンなども
同様の扱いですから、注意が必要です。

また例えば借り入れの際に、
あなたが連帯保証人になっていたりすると、
事実上は折半になってしまう点には、
合わせて注意しましょう。

Sponsored Links

3.自己破産した場合の借金はどうなる?

自己破産は、基本として
セットで「免責許可」を受けて
借金がチャラになる制度です。

また自己破産をすると、当面の間は
借金そのものができなくなりますので、
自己破産後に離婚するなら、そもそも
借金がないのが基本になります。

それでも、例えば自己破産後に
友人から借りた借金などがあるなら、
それは事情によりますが、
基本は折半しましょう。

4.義両親の借金はどうなる?

そもそも借金は、
連帯保証人にでもなっていない限り、
直接の親子であっても関係ありません。

このため、義両親の借金なら尚更に関係なく、
あなたには折半どころか
一切の支払い義務はありません。

義両親に良くしてもらった場合は、
人情的なものはあるでしょうが、
ムリに借金を引き受ける必要はありませんから、
キッパリ突っぱねましょう。

離婚の財産分与による借金の分けられ方とは?

離婚の財産分与による借金の分けられ方は、
あくまで基本は「夫婦の話し合い次第」です。

お互いに相手に押し付けたい場合は中々、
話し合い自体がまとまらない可能性も
高いですが、それでも
根気よく話し合いましょう。

ちなみにだからこそ、一方的に
相手から押し付けられる事もないと言えます。

イヤならイヤと、ハッキリ断りましょう。

離婚での借金を上手く解決する方法はある?

離婚での借金を上手く解決したい場合は、
以下のような方法があります。

調停(裁判)をする
弁護士に相談する
ファイナンシャル・プランナーに相談する

結局、夫婦二人では
話し合いがまとまらないなら、
第三者に介入してもらうのが基本です。

誰に介入してもらうかは夫婦次第ですが、
なるべく夫婦双方が納得できる方に
介入してもらい、上手に
問題解決を図っていきましょう。

まとめ

今回の記事では、
離婚時の借金について

  • 基本は夫婦で折半する
  • 個人消費分は使った人が負担
  • 義両親の借金は関係ない
  • 最終的には話し合い次第
  • トラブル時は第三者に相談する

とお伝えしました。

誰だって借金は引き受けたくないものですが
それでも基本は折半です。

ゴネていても問題は解決しませんから
まずはしっかり話し合いましょう。

なお、住宅ローンをもっと知りたい方は
以下の記事も参考にどうぞ。

⇒離婚したら住宅ローンはどうなる?返済や財産分与は?

住宅ローンを抱えての離婚は
本当にアタマを悩ませる問題です。

しっかり対応し、安心して
離婚に挑みましょう。

Sponsored Links


【関連する人気記事】

\ SNSでシェアしよう! /

いくmemoの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

いくmemoの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

山本昌義

山本昌義、山本FPオフィス代表。現在は日本初にして唯一の「婚活FP」として、婚活パーティを開催しつつ、その中で発生する恋愛面や経済面の相談にのり、さらに結婚後も離婚問題を含めた様々な夫婦のご相談にのっています。詳しくは「婚活FP」でご検索を!

この人が書いた記事  記事一覧

  • 婚外恋愛のきっかけは?どんな出会いから発展する?

  • 離婚したら持ち家はどうなる?名義変更の手続きは難しい?

  • 婚外恋愛とは?定義はあるの?不倫とは何が違う?

  • 婚外恋愛は幸せ?夫婦の暗黙のルールや実態とは

関連記事

  • 離婚に戸籍謄本は必要?取り寄せ方と手続きの方法をご紹介!

  • 離婚を回避する手紙の書き方!プロが語る5つのポイント【例文あり】

  • 離婚が大変な理由TOP10!リアルなエピソードをご紹介!

  • 離婚で後悔した5つのこと!【女性編】

  • 離婚が子供に与える影響とは?子供の気持ち寄り添う3つのポイント

  • セックスレスでの離婚は後悔する?口コミを調べてみた